HOUSE HOLDINGS

淡路記念館

施設紹介

(株)ハウスホールディングス「淡路記念館」は2013年、淡路市北部の舟木
と呼ばれる地域の一角にオープンしました。目の前にはNHKの特集でも
報道された「太陽の道」に繋がる「石上神社」の巨石が鎮座し、周辺には
弥生時代の遺跡も多数発掘されていることから、地域一帯は正に、古代の
ロマンを肌で感じることができる淡路島の聖地と言えるでしょう。

地元の住民にとっても大切な存在である「石上神社」には、遠方からも
大勢の方が参拝に訪れ、時折、観光客で賑わうこともあります。古代の
歴史の重みを感じないではいられない貴重な場所であり、多くの人にその
存在を知って頂き、「石上神社」を訪れる旅人に、ゆっくりとくつろげる
空間を提供するのが「淡路記念館」の使命です。

ロビーの窓からは淡路の自然を眺めることができ、簡単ではありますが
古代史に関する資料を備えた図書室も備えております。神社を参拝後、
静かなひと時を過ごすことができる旅人の憩いの場として、淡路記念館を
ぜひともご利用ください。スタッフ一同、皆様とお会いできることを楽しみ
にしています。

(株)ハウスホールディングス 「淡路記念館」
兵庫県淡路市舟木514-11
0799-82-2888

会社案内

「ハウスホールディングス」は、「日々進化を遂げるデジタル情報社会において、人の心を大切にした活気あふれる美しい街づくりに取り組む」ことを基本理念と捉え、音楽とフィットネス、メディア関連の企業投資を通じて事業ポートフォリオを拡充しながら、地域活性化と日本伝統文化の保全に貢献し続けることをモットーとしています。

2009年、楽器と音響機器のネット通販において国内最大手の「サウンドハウス」から生まれたネット関連企業7社を統括するための持ち株会社として、千葉県成田市に「ハウスホールディングス」が誕生。その後、淡路島の舟木にある古代聖地、石上神社のそばに「淡路記念館」を造成し、一般の参拝者でも自由に出入りできる図書室をオープンしました。今日、その記念館が本社所在地となっています。

昨今の激動するデジタル化社会の先行きを見据えながら、新時代にふさわしいビジネスモデルに取り組む企業をしっかりとサポートする「ハウスホールディングス」は、常に人の心を潤す原動力となり、皆様の信頼に応える企業として、これからもまい進し続けていきます。

株式会社ハウスホールディングス

館内案内

周辺施設案内

石上神社
徒歩1分

巨岩を御神体とする石上(いわがみ)神社は、淡路島にある数多くのパワースポットの中でも注目を浴びる存在です。北緯34度32分の「太陽の道」と呼ばれる緯度線上に、伊勢神宮、室生寺、長谷寺、三輪山、伊勢久留麻神社等の聖地が並んでいます。「太陽の道」はNHKテレビでも放映され、今日では全国各地から参拝者が訪れるほど、広く知られるようになりました。石上神社では、日の神として天照大神と大日如来が祭られています。これら太陽を信仰する地に「日を迎える座」と「日を追う座」があり、前者は男性が、後者は女性が祭事を司りました。女人禁制はここからきたものです。

兵庫県淡路市舟木514

明石海峡大橋
車で15分

渡っても、眺望を楽しんでも心地よい世界最長(全長3,911m)の吊り橋です。平成10年4月5日に開通。夜間には、季節、時間等によって多彩にライトアップされ、それが真珠のように連なって見えることからパールブリッジの愛称で親しまれています。ダイナミックな景観のビューポイントである淡路SAには観覧車、レストラン、カフェがあります。

神戸市垂水区舞子(神戸側)・兵庫県淡路市松帆(淡路側)

078-291-1033(本州四国連絡高速道路株式会社)

https://www.jb-honshi.co.jp/

伊弉諾神宮
車で20分

伊弉諾神宮は、古事記・日本書紀の冒頭にその創祀を記し、神代の昔に伊弉諾大神が「幽宮(かくりのみや)」を構えて余生を過ごされた神宅の旧跡と伝えられています。ここで終焉を迎えた伊弉諾大神は、その宮居の敷地に神陵を築いて祀られました。こうして創祀の起源とする伊弉諾神宮は、最古の神社としても知られるようになりました。古くから淡路國の一宮と崇められ、地元では日本第一番の宮であることから「いっくさん」とも呼ばれています。

兵庫県淡路市多賀740

0799-80-5001

https://izanagi-jingu.jp/

岩上神社
車で30分

岩上神社は県指定重要有形文化財にも指定され、本殿、舞殿、拝殿からなります。本殿横の岩山の中腹には高さ12m、周囲16mの形をした神籠石(ひもろぎいし)があります。平安時代のものと思われる素焼皿が周辺から出土したことから、室町時代に創建された岩上神社の歴史は古代に遡り、神籬石は遠い昔から神石として祭祀されてきたと考えられています。また、境内には大きなイチョウやもみじの木があり、秋には素晴らしい紅葉を楽しむことができます。

兵庫県淡路市柳沢614

0799-86-0355

あわじ花さじき
車で5分

淡路島北部丘陵地域の頂上にあり、花の島にふさわしい花の名所です。花畑の面積は16ha(甲子園球場の4倍)で、明石海峡・大阪湾を眺望し、春にはナノハナや紫ハナナ、夏にはクレオメやブルーサルビア、秋にはコスモス、冬にはパンジーやビオラ等、四季折々の花のパノラマが展開され愛らしい花々が夢の世界へ誘います。

兵庫県淡路市楠本2865-4

0799-74-6426

https://www.hyogo-park.or.jp/hanasajiki/

北淡震災記念公園
車で3分

1995年(平成7年)1月17日午前5時46分、阪神淡路大震災により、多くの尊い命が奪われ、淡路島や神戸周辺の町々は大きなダメージを受けました。野島断層保存館では、地表に現れた断層のずれがそのまま保存されており、ありのままの様相を確かめることができます。地震の凄まじさと脅威を目で見て理解できると共に、地震に備える大切さを学ぶことができます。

兵庫県淡路市小倉177

0799-82-3020

http://www.nojima-danso.co.jp/

県立淡路島公園
車で10分

全体面積87.2haの広大な敷地を持った公園です。淡路ハイウエイオアシスに併設するオアシスゾーン、大阪湾や明石海峡大橋が眺望できる展望広場を設けた森のゾーン、大型スライダーやアスレチックがある交流ゾーンがあります。公園を一通り歩くと約8㎞もありますが、1~2kmの短い散策ルートもあり、気軽に利用できるスケールの大きな公園です。

兵庫県淡路市楠本2425-2

0799-72-5377

http://www.hyogo-park.or.jp/awajishima/

国営明石海峡公園
車で15分

瀬戸内海を眺望できる広々とした園内では、大きな空と海を間近に感じながら四季折々の花が楽しめます。また、隣接する淡路夢舞台温室・奇跡の星の植物園は今までの温室の域を越えた花と緑の多彩な空間を作り出し、奇跡の星、地球の花と緑の美しさ、すばらしさ、不思議さを五感で体験することができるミュージアムです。

兵庫県淡路市楠本字南鵜崎8-10

0799-72-2000

https://www.kkr.mlit.go.jp/akashi/

北淡インターからのアクセス

淡路記念館へのアクセス

兵庫県淡路市舟木514-11
0799-82-2888

東浦インターからのアクセス